【APPLE TREE株式会社】コロナウイルス対策の最前線でFLASHFORGE製3Dプリンターを使って医療用ゴーグルを大量生産。医療用品不足の緩和に貢献

コロナウイルスの影響で不足していた医療用ゴーグルを3Dプリンターを使って大量生産することによって、最前線で対策に講じる医療スタッフたちに適切に配備されました。

中国に本社をおく3Dプリンター製造メーカーであるFLASHFORGEは、とある中国国有企業に3Dプリンター「Guider2」を200台納めました。これによって医療用ゴーグルの大量生産が可能となり、医療用品不足が一部緩和されました。
【まとめ買い】 福袋RN1-5 ストリーム | ショック アブソーバー【カヤバ】ストリーム RN1-4 Lowfer Sports フロント 右側1本

 

新型コロナウイルスによる肺炎対策に用いる医療用ゴーグルの不足を受け、中国のとある国有企業の研究開発チームは医療用ゴーグルの大量生産を実現した。製品の設計と開発、完成までをわずか7日間で完了させ、保有している優れた3Dプリント技術を生かしてFLASHFORGE製3Dプリンターをフル活用して作成した。この3Dプリンターは、医療用ゴーグルの生産能力を拡大するために、緊急で購入されたものであると報告されている。

3Dプリンターの導入によって、1日あたりの生産量は600セットから2000セットと、大幅に生産能力が向上。
このゴーグルは、感染を拡大しないよう最前線に立つ医療スタッフに手配され、一部の医療用品の不足が緩和されている。

新型コロナウイルスの発生以降、現場の最前線では医療用品の不足が常に懸念されている。

医師にとっての3大必需品ともされる、医療用防護服、マスク、ゴーグルは前線に立つ医療スタッフにとって最も必要で、不足している医療用品だ。新型コロナウイルスの影響による供給不足が問題となり、大量生産が難しく、技術生産サイクルが長い従来の医療用ゴーグルは不足状態が続く。

一般的な医療用ゴーグルと比較して、3Dプリンターを使用してゴーグルを製造した場合、設計サイクルが短く、大量生産が可能といったメリットがある。コロナウイルスが流行しているなどの特別的な緊急事態のときには、3Dプリンターによってこれらの問題が解決されることはより明白だ。

さらに、3Dプリント技術を駆使して生産された医療用ゴーグルは、一般的なゴーグルに比べて軽く、より確実に密閉状態を確保できることに加えて、さらには曇りづらくなっている。
報道時点で、5000セットを超える3Dプリントされた医療用ゴーグルが、寄付や政府から支援によって、流行予防の最前線へと支給されている。
 

 

同社は時間との戦いを繰り広げているため、200台のGuider2が投入され、生産能力の増加によって一部の医療用ゴーグルの不足が緩和されると考えられている。
将来的には必要に応じて生産能力をさらに拡大し、1日あたり10000セットの生産が可能になると発表した。3Dプリンター製造メーカーとしてFLASHFORGEは「常に感染状況への動向に目を配らせており、感染対策に貢献していることを光栄に思う。病理学的モデルや、マスク着用者からゴーグルなど、3Dプリントの素晴らしさを証明するために技術を使用しており、将来的には、医療業界なども支援したいと考えている」と表明した。

—————-

FLASHFORGEの日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は、このFLASHFORGEの活動を応援したいと考えています。

そこで、創新テック株式会社の協力のもと、医療用ゴーグルの作成をおこないました。

作成の流れ

 

 

 

1. 3Dプリンターでゴーグルのフレームを出力します。

2. 透明アクリル板をレーザー加工機に設置します。

3. レーザー加工機でレンズをカッティングします。

4. ゴーグル本体にレンズをはめ込み、マジックテープをセットします。

使用したレーザーについて
CO2レーザー加工機
メーカー:AEON Laser
型 番:MIRA5 水冷40W
使用素材:アクリル2㎜
使用パワー:50~60%
カットスピード:6㎜/s
カット時間:1分以内
データ形式:AI、PDF、DXF等


3Dプリンターで作成された保護ゴーグルについて

3Dプリンターを使って作成された保護ゴーグルは、一般的なゴーグルよりも軽量で、密閉状態の確保がしやすくなっています。
このおかげで、より万全なコロナウイルス対策が可能であり、かつ利便性も向上しています。

アクリル板についてはブルーライトカット、曇り防止、静電気除去などの性質がある素材があるため、それらを使用すれば対策が可能です。


また、素材に何を使うかによって、様々なバリエーションのカラーや材質のゴーグルを作成することが可能となっています。

3D印刷やレーザー加工といった技術は、このように設計から量産までを非常に短時間でおこなうことが可能です。
この事実は、これからの製造業を大きく変えていく可能性を持っています。

APPLE TREE株式会社は、これからも3Dプリンター業界がより盛り上がり、世界がより良く変わっていくように努めてまいります。
今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

APPLE TREEのスタッフもつけてみました。


会社情報

APPLETREE株式会社(FLASHFORGE日本総代理店)
住所:〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4-5-9
電話:06-6710-9061
メール:info@appletree.jp.net
ホームページ:

創新テック株式会社(AEON LASER日本総代理店)
住所:〒540-0036 大阪市中央区船越町2-1-5吉見ビル3階
電話:06-6945-7333
メール:info@sstech-ltd.com
ホームページ:
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. APPLE TREE 株式会社 >
  3. 【APPLE TREE株式会社】コロナウイルス対策の最前線でFLASHFORGE製3Dプリンターを使って医療用ゴーグルを大量生産。医療用品不足の緩和に貢献